ES2101 夫婦吸物椀 六瓢
¥10,000


日本独自の漆芸の技「蒔絵」
蒔絵は、漆で模様を描き、その上に金粉や色付きの粉を蒔いて定着させる、日本独自の技法です。鎖国前に日本を訪れていた宣教師たちは、この独自の技術に驚嘆し、ヨーロッパに紹介しました。その美しさに魅了された王侯貴族は、これを「japan」と呼び、競って蒔絵を求め宮殿を飾ったといいます。


吉兆のしるし「瓢箪」
蓋の表に瓢箪が2つ、蓋を開けると見返し(蓋の裏)にもう1つ瓢箪が描かれています。
末広がりの形をした瓢箪は、古来よりとても縁起の良いものとされ、3つ揃えば三拍(瓢)子揃って縁起が良い。 6つ揃った「六瓢箪」」は、無病(六瓢)息災のお守りになるとされます。さらにつるが伸びて果実が鈴なりになる様から、開運招福・子孫繁栄の象徴ともされています。
ゲンを担ぐ武士の流れを汲む「端午の節句・子供の日」にふさわしいモチーフのお椀です。男性的なシックなコーディネートでお祝いしてみては。
   
商品番号ES2101   商品番号YR1303   商品番号KC1R
夫婦吸物椀 六瓢   箔三昧   一段重 変わり根来赤 ヒノキ
本体価格 ¥10,000   本体価格 ¥3,500   本体価格 ¥3,500
         
     
商品番号KC1W   商品番号FO9122    
一段重 変わり根来白 ヒノキ   板膳 秋田杉 黒    
本体価格 ¥3,500   本体価格 ¥5,000    
         


ES2101
夫婦吸物椀 六瓢
本体価格 \10,000


YR1303
箔三昧
本体価格 \3,500


KC1R
一段重 変わり根来赤 ヒノキ
本体価格 \3,500


KC1W
一段重 変わり根来白 ヒノキ
本体価格 \3,500


FO9122
板膳 秋田杉 黒
本体価格 \5,000

TOPへ