取扱産地 取扱産地
津軽塗 津軽塗
斑紋、粒状文様に美が宿る津軽塗。
唐塗、七々子塗などがあり、江戸中期から開花した様式美。
ブナコ ブナコ
ブナの木の有効利用を目的に開発されたモダンなカタチ。
テープ状にしたブナ材を、コイル状に巻いて成型する独特の技法で生み出される。
南部鉄器 南部鉄器
江戸前期、南部藩主が京都から盛岡に釜師を招いて茶の湯釜を作らせたのが始まり。
優れた鋳物技術を持ち、繊細な鋳肌と重厚な味わいのある着色が特徴。
川連塗 川連塗
鎌倉時代、この地の豊富な木材と漆を利用して武具に漆を塗ったのが始まり。
湯沢市川連町で暮らしに密着した実用的な漆器をつくり続ける。
大館曲げわっぱ 大館曲げわっぱ
江戸初期、大館城主が領内の豊富な秋田杉を利用して、武士の内職として曲げわっぱ の制作を奨励。
優美な木肌の風合いに機能美とデザインを兼ね備えた暮らしの道具。
樺細工 樺細工
江戸中期、角館の武士の内職として、近在の山桜の樹皮を使った印籠や胴乱などの製作から始まった。
山桜ならではの樹皮の変容を生かし、瞬間の美を定着させる匠の技。
会津塗 会津塗
漆器の一大産地として歴史的にも早くから栄え、江戸時代、海外へ輸出される。
漆絵、蒔絵等多彩な加飾技法に特色があふれる。
金物 金物
江戸初期から金属加工品の産地として発展した燕三条地域。
優れた技と創造性あふれる製品は、伝統的な鍛冶の技術や煙管の製造から始まった。
高岡漆器 高岡漆器
町人工芸として歩み出し、その後中国の漆器を手本とした独自の作風を開花。
彫刻塗、螺鈿(らでん)細工など多彩な技術を生み出す。
輪島塗 輪島塗
室町時代からの歴史を持つ代表的な漆器。
輪島の職人気質が生んだ綿密な塗りと美しい加飾技法に、堅牢優美な風合いがあふれる。
金沢箔 金沢箔
400年以上の歴史を持ち、古都金沢の伝統と文化の中で継承されてきた。
高湿な気候が箔打ち作業に適し、金箔の全国生産量の99%のシェアを誇る。
山中漆器 山中漆器
安土桃山時代から始まる木地轆轤(ろくろ)挽き産地として質・量とも全国一を誇る。
合成樹脂の製品も導入され、新しい技術導入に積極的で進取の気性に富んだ産地。
越前漆器 越前漆器
越前漆器は鯖江市河和田町でつくられ、別名河和田塗とも呼ばれる。
歴史は古く、6世紀ごろ里人が皇子に献上したことにちなむ。
若狭塗 若狭塗
江戸初期、小浜藩の漆塗職人が中国の漆器を基に、海底の様子を意匠化して考え出したのが始まり。
塗箸の全国生産量の80%以上を占めている。
木曽漆器 木曽漆器
木曽のヒノキなどを使った木地作りが盛んな土地柄で、中山道を往来する旅人を相手に曲物、挽物などの漆器を作り、その名を広めた。
江戸木箸 江戸木箸
江戸時代、御家人たちが下町で竹箸を作ったのが始まり。
大正時代に竹が木にとってかわり、江戸木箸が生まれた。
小田原漆器 小田原漆器
箱根山の木材を使って作られた挽物の器に、漆を塗ったのが始まり。
挽物技術に優れ、木目の美しさを現す摺漆が特徴的な技法。
箱根寄木細工 箱根寄木細工
箱根山の恵まれた自然を背景に、様々な樹木の自然の色を活かして精緻な幾何学模様を描く。
江戸末期に創作された。
駿河竹千筋細工 駿河竹千筋細工
東海道を行き交う人々に人気を博した駿河竹細工。
江戸後期、丸ヒゴを使った繊細で優美な竹千筋細工の技が伝わった。
飛騨春慶 飛騨春慶
木地に赤、あるいは黄色の彩色をほどこし、その上から透き漆を塗っていく春慶塗。
木目が柔らかく、素朴な風合いを感じさせてくれる。
紀州漆器 紀州漆器
室町時代より作られ、紀州木地師の素朴な椀と、高度な技術をもつ根来塗が一体となって生まれた。山中や会津と共に「日本三大漆器」に数えられる。
香川漆器 香川漆器
象谷塗(ぞうこくぬり)、讃岐彫など特色のある漆器が数多く生産される。
豊かな自然を背景に育まれた木と日常の用との調和がここにある。
別府竹細工 別府竹細工
江戸時代、温泉町としての発展とともに、湯治客の台所用品や土産品として拡がった。
県内産のマダケを主材料とし、細かく割った竹ひごを編み込み様々な形に作り上げる。

TOPへ